#book 1 時間術大全

広告

時間術大全という本。

自分がいかに日々の時間を無駄にしているか、無価値にしているかが分かる本。                      

著者はGoogleで結果を出したIDEO客員研究員のジェイク・ナップ氏と、「タイム」や「ウォール・ストリート・ジャーナル」などで執筆しているジョン・ゼラッキー氏。

“無限の泉”とは何か

無限の泉とは、インスタグラムや、Twitter、FacebookなどのSNSや、テレビやスマートフォンなどの、いつまでも情報強提供がされ続けるものである。私達はどうしても今やらなければならないことがあるのにもかかわらず、この無限の泉に時間を費やしてしまう場合が多い。

平均的な人は、スマホに1日に4時間利用し、テレビ視聴にも4時間を費やしているという結果が出てる。仕事が8時間、残りのほとんどが睡眠だとすると、一体いつ自分の時間があるのだろうか。

筆者のジェイク氏の話。

“あれは2012 年のことだ。リビングルームで息子が木製の電車セットで遊んでいた。ルーク(当時8歳)せっせと線路を繋げ、フリン(赤ん坊)は機関車によだれを垂らしていた。その時ルークがふと顔を上げて、こう言ったのだ。

「パパ、どうしてスマホを見てるの?」

ルークは僕をとがめるまでもなく、ただ不思議に思ったのだろう。でも僕は上手く答えられなかった。もちろん、その瞬間にメールをチェックする理由があったはずだが、大した理由じゃない。その日は子供たちと過ごす時間を朝から楽しみにしていて、やっとその時間が来たというのに、僕はうわのそらだった。”

筆者ジェイク氏は、なによりも大切な時間である家族との時間を、”無限の泉”であるスマートフォンに時間を吸い取られていたのだ。

このように、スマートフォンはどれだけ仕事で結果を残している人の大切な時間までも吸い取ってしまう。この時間術大全は、無限の泉にどのような戦略を持って立ち向かうのかということが書かれている。その一つを紹介する。

ハイライトをの時間を作る

ハイライトの時間とは、その日は絶対どんなことがあってもやり遂げる時間を作ることである。私が尊敬するサラリーマン兼YouTuber兼ブロガー兼取締役の、アキオブログは、どんなに会社や副業が忙しくても、ジムに行き日々体を鍛えているので、彼はハイライトの達人と言える。ハイライトを作ることで、確実にその日1日をより良くすることができる。

これに加え、レーザー、チャージ、チューニングなどの様々な無限の泉に対する戦略がある。

この本を読んで私は何をしたか、何をするか

  • スマホの中のゲームアプリを全部消した。
  • テレビを押入れにしまった。

ゲームは正直なくなったことに気がつかないくらい気になっていなかったが、テレビが見れないのは生粋のテレビっ子の私にはきつい。何ヶ月もつやら。

  • 筋トレをハイライトとする。筋トレは体の状態を正してくれる。本業だし。筋トレは万物の対処法。筋トレ最高!

↓↓購入はこちらから↓↓

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」 https://www.amazon.co.jp/dp/4478106118/ref=cm_sw_r_oth_tai_7CLjEbZ2DTK36

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」 | ジェイク・ナップ, ジョン・ゼラツキー, 櫻井 祐子 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中