チャリで鹿児島から宮城1900キロ走って帰省してみる 21日目 153キロ走る1日

この日はとてつもなく移動する1日になるので、朝6時に起床した。

いつも通り無料モーニングをいただき、自転車のメンテナンスチェックをし、7時過ぎに宇都宮の快活クラブを出発する。たまには朝食換えてくんねえかな。

この日は前日とは違い向かい風も少なくて、比較的走りやすかった。やっぱチャリにおいて天敵は向かい風なんです。

出発した3、40分後にさくら市に突入。

途中でコンビニに寄りながら着々と歩みを進めて行く。

この後も、大田原市→栃木県那須郡と移動して行く。那須郡ということはもうすぐ福島に入るということだ。

ちょっと飯を入れる。

この後30分くらい山道を漕いでいき、12時過ぎになって福島県に入る。標識の辺りには車通りが多くちょっと危ないとこだったので写真は撮れなかった。

その後30分くらいチャリを漕ぎ、お昼ご飯。福島の白川郡は白川ラーメンや白川そばが有名だったので、白川そばをいただいた。普通に美味かったし内装がおしゃれだった。

お昼ご飯を食べた後、千葉から一緒についてきた友達のチャリが壊れていたのでチャリを直しに行くと、なんともう走れない状態になってしまっているようで、相方は今まで走ってきたチャリを処分して新しい2万弱のチャリを買ったのであった。

新しいチャリ買いましたよの図。

本人曰く乗り心地は悪くないのだという。

相方が新しいチャリを購入した後、何事もなかったかのように順調にチャリを漕いでいく。

4号線をずっと走っていき、須賀川市に入ったところで飯休憩。この左に写っているアイスがマジで美味かった。最近のコンビニアイスはレベルが上がってきている気がする。

その後2時間ぐらいチャリを漕ぐと、本宮市に入り東北地方の限られたとこにしかない薬王堂を見つけて、微妙にテンションが上がる。

完全に陽が落ちたので慎重にチャリを漕いで行き、相方の腹が減りすぎて死にそうになりながらも、なんとか20時過ぎくらいに目的地である福島市の友達の家に到着した。

夜ご飯は洋風鍋みたいなポトフみたいな料理をご馳走してもらった。大変美味しゅうございました。

移動時間は13時間くらい。チャリを購入する時間がなかったらもっと移動時間は縮められた。

153キロほどをこの日は漕いだ。帰省での距離記録は更新したが、宮城から福島まで行った時は往復160キロだったので、チャリ旅記録更新にはならなかった。

明日頑張れば実家に着くのですが、宮城の南部に友達がいて泊めさせてもらうので、存分に寝て明日は遅めに出発する予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中